グリーンウェイブ2018 The Green Wave 2018 in Japan

  • 結果報告ページはこちら

国連生物多様性の10年日本委員会

活動の詳細 DETAILS OF EVENT

活動名 JP子どもの森づくり運動「東北復興グリーンウェイブ」
活動の種類
  • ① 植樹
  • ② 森林や樹木等の保全、手入れ(植樹した樹木への水やり、里山の管理等)
  • ③ 森林や樹木等とふれあう活動(イベント等)
  • ④ ①~③の活動のための苗木・資材の提供
  • ⑤ ①~③の活動のための場所の提供
  • ⑥ ①~③の活動のための技術指導や情報提供
  • ⑧ グリーンウェイブ活動の呼び掛け、とりまとめ
活動の主体グループ名、団体名
活動の詳細 2012年から始まった、全国の保育園、幼稚園、こども園の子どもたちが取り組む「東日本大震災」緑の復興支援活動です。東北の子どもたちが拾った東北の“どんぐり”の種を、全国の子どもたちが苗木に育て被災地に送り返します。送り返された苗木は、被災地の子どもたちが地元に植えて、生物多様性的緑の復興に寄与します。活動を通じて、①東北の子どもたちと全国の子どもたちが“どんぐり”の絆で結ばれること②生物多様性の心を涵養すること③そして、環境の心の基盤となる「共に生きる心」を育むことを目的とします。全国の活動参加園では、東北の“どんぐり”の苗木を送り返す際、「“どんぐり”を見送る会」を開催。子どもたちに活動の意義と被災地の子どもたちへの想いを再確認してもらいます。
活動実施日1 2018年5月22日10時0分

不可

活動場所1 岩手県
山田町
活動実施日2 2018年5月21日10時0分

不可

活動場所2 岩手県
宮古市
活動に関するウェブサイトアドレス http://www.kodomono-mori.net
活動の感想 JP子どもの森づくり運動「東北復興グリーンウェイブ」での岩手県での植樹活動は、今年で5回目となりました。今年も全国の活動参加園35園から、約170本の東北の“どんぐり”の苗木が届けられました。届けられた苗木は、岩手県の山田町と宮古市の苗畑に植えられ、もう少し大きくなるまで育てられ、それぞれ緑の復興に役立つフィールドに植え替えられます。今年も、東北の“どんぐり”を育てる活動を通じて、被災地の子どもたちと全国の子どもたちの間に、多くの“どんぐり”の絆が結ばれました。

グリーンウェイブ2018に参加しましょう

グリーンウェイブ2018に参加していただけるグループ・団体を募集しています。

活動終了後、以下より結果登録をしてください。

  • 結果登録

参考ツール

Copyright © 2018 Ministry of the environment. All Rights Reserved.