グリーンウェイブ2018 The Green Wave 2018 in Japan

  • 結果報告ページはこちら

国連生物多様性の10年日本委員会

活動の詳細 DETAILS OF EVENT

活動名 森林づくりボランティア活動
活動の種類
  • ① 植樹
  • ② 森林や樹木等の保全、手入れ(植樹した樹木への水やり、里山の管理等)
  • ③ 森林や樹木等とふれあう活動(イベント等)
活動の主体グループ名、団体名
活動の詳細  登山で培った技量を社会貢献に役立てるとし、「環境登山」と「森林整備」の2種の活動を行っている。
 前者は、丹沢 二ノ塔・三ノ塔山腹(海抜約1050の~1150付近)の荒地や崩壊裸地の植生回復に向けた、苗木(ケヤマハンノキなど)の植栽及び保育を、「環境登山」と称して年間春秋の2回の集合活動と委員によるモニタリングを行うもので、今年度で「第九回環境登山」を実施する。
 後者は及び、丹沢宮ケ瀬湖畔の里山(約8ヘクタール)の森林整備で、荒れて鬱閉した荒廃林地を明るく健全な森林回復をめざして活動、平成30年度は第79回活動で年間10回の活動を予定。
活動実施日1 2018年5月13日9時0分

申込団体名: 神奈川県山岳連盟

申込先: 松隈(matsumobi@nifty.com)

締切日: 2018年5月12日

活動場所1 神奈川県
丹沢山塊 二ノ塔など
活動に関するウェブサイトアドレス
活動の感想 5月13日、丹沢二ノ塔にて開催した第九回環境登山(パートⅠ)に27名が参加、二ノ塔山腹(海抜1050m付近)へ、ケヤマハンノキ100本、ニシキウツギ100本の計200本を植栽した。今回の実施は20⒕年~2015年に植栽したエリアへの捕植として行った。

この日、午後から降水確率80%との天気予報であったが、午前中の曇り空を突いて、菩提峠から日本武尊の参道を植栽地に向け苗木手分けして搬送。10時頃植栽地に到着。早速植栽作業に入り、1時間ほどで、200本植栽を完了した。植栽を終えるほどに強風が吹きだし、作業後の集合写真を撮影する間もなく下山となった。出発地の菩提峠に戻ると、遠くから正午告げるチャイムが聞こえた。忙しい環境登山の開催であったが、全員怪我無く、雨にも遭わず、閉会となった。

植栽を通して、山の土に触れて自然を体感する機会となった。参加者には一般市民も加わって、山の自然に親しむ機会となった。

グリーンウェイブ2018に参加しましょう

グリーンウェイブ2018に参加していただけるグループ・団体を募集しています。

活動終了後、以下より結果登録をしてください。

  • 結果登録

参考ツール

Copyright © 2018 Ministry of the environment. All Rights Reserved.