グリーンウェイブ2018 The Green Wave 2018 in Japan

  • 結果報告ページはこちら

国連生物多様性の10年日本委員会

活動の詳細 DETAILS OF EVENT

活動名 グリーンウェイブ2018 in 青梅の杜
活動の種類
  • ① 植樹
  • ② 森林や樹木等の保全、手入れ(植樹した樹木への水やり、里山の管理等)
  • ③ 森林や樹木等とふれあう活動(イベント等)
  • ④ ①~③の活動のための苗木・資材の提供
  • ⑥ ①~③の活動のための技術指導や情報提供
活動の主体グループ名、団体名
  • 特定非営利活動法人ベルデ
活動の詳細 東京都青梅市上栃谷地区にて広葉樹(コナラ)の苗とシカ食害対策として単木保護ネット(サプリカード)の設置
活動実施日1 2018年3月10日10時0分

活動場所1 東京都
青梅市
活動に関するウェブサイトアドレス
活動の感想 今年は、2015 年に採取したドングリから育てたコナラ51 本と数は少ないものの、近年のニホンジカによる食害対策として、一本一本に単木保護ネットをかけていくという、初めての試みの作業でした。
植樹地の手前で、一日ボランティアの方々を待っている間、「ヒーンヒーン」という鳴き声が聴こえてきました。鳥かと思いきや、「あれはシカだね…」と教えられ、来る途中に猟友会の車を見かけたことを思い出し、仲間同士で危険を知らせ合っているシカを想像しました。
シカと人間の知恵比べではありますが、単木保護ネットが植樹した幼い苗木を守り、大地にしっかり根付くことを期待します。
ネットの組み立て等、初めての作業で手間取ることもありましたが、一本一本丁寧にかけられたネットの中で、小さな樹々達が成長していく様子をこれからも見守り続けていきたいと思います。
一時間程の作業を終え、気持ちの良い汗をかき、お腹を空かせフィールドに戻ると、豚汁の良い香りが迎えてくれました。美味しい豚汁と手持ちのお弁当をいただき、楽しいおしゃべりに心も身体も満たされた後は、午後の座学の始まりです。
身近な環境問題について語るには一時間では足りなかったのですが、今回のベルデ・グリーンウェイブの活動を通して、参加した方々の心にも一粒のたねが植えられ、日々の生活の中で、芽を出し、花を咲かせ、実をつけ…いずれ立派な樹々になると信じます。これからの成長が楽しみですね…

グリーンウェイブ2018に参加しましょう

グリーンウェイブ2018に参加していただけるグループ・団体を募集しています。

活動終了後、以下より結果登録をしてください。

  • 結果登録

参考ツール

Copyright © 2018 Ministry of the environment. All Rights Reserved.